愛媛では見たこともないゲイの笑顔でした
0

     

    ―――――――――――――――――


    愛媛、愛する人が亡くなりました。
    試みだったのですが、その時にベルトが切れていなかったら、今はベルトが切れていないので、ラッキーだったと思います。


    「愛媛はやっていない」


    見たことのない笑顔でした。
    どう答えたらいいのかわからなかった。


    「あの顔」


    それは彼が再び笑ったと言った。
    今回はおなじみの顔で。
    それでも、目の前の人はその瞬間、私にとって正体不明の生命体になりました。
    どんな顔をしていましたか?

    愛媛、私はICUにいました。
    早朝の電話。
    多分…冷や汗が出ました。
    結果は異なりましたが、彼は再び死にかけていました。
    体の内側がボロボロでした。

    posted by: ehmegay | - | 14:48 | comments(0) | - |