小説を追加した中野の出会い
0


    別の名前は「春の黄金の花」(ハルコガネバナ)、黄色い小花が球形に集まって咲きます。秋に赤い実があるので、「秋湯」の別名もあります。

    土佐水樹のふもとも咲いて黄色
    (水子明子)
    目に入った山bloom
    山Yはゆでてまぶしい
    (細見綾子)
    山のふもとの明るい言葉
    (木田Re子)
    山footの花の深さ
    (伊藤恵美子)
    糸やまばたきごとに花を追加する
    (森純男)中野の出会い
    サメの夜
    (岡本at)
    山のふもとの空に並んだ肩
    こんな感じです中野の出会い
    (飯島はりこ)
    山のふもとにあることが知られている月の中
    (加藤S)中野の出会い

    山形は、秋の赤い実と泉鏡花の「朱日記」という短い小説のセットだと思います。
    「私はトカタの人生を知りません。女性の行動は人や家に変えることはできません。」
    (「朱色の日記」/泉鏡花)

     

    中野出会い

    恋に色がある場合、それは何色ですか?
    黄色か赤か
    または空の青、または透明な頬に触れる風の色。

    流水を越えて恋に落ちる中野の出会い

    エスケープ(ニゲミズ/ニゲミズ)
    晩春

    晴れた日にアスファルトの加熱された路面に水たまりのように見えるmi気楼現象。地表付近の温度は非常に高くなり、空気の上下の層で密度が生じます。ジオスコープまたは擬似水とも呼ばれます。

    逃げて逃げる
    (中海黄)中野の出会い
    脱出水の終わりに
    (角川春樹)中野の出会い
    (佐藤きぼう)
    いつか脱出を真剣に追いかける

    posted by: ehmegay | 中野 | 10:30 | comments(0) | - |